海外での就職を考える人のためのセミナー

C00066-001G

海外で就職

日本国内で厳しい就職状況が続く現在においては、
就職場所を国内に限定せずに海外に求める
「セカ就」という動きも見られるようになってきています。

参考:就職か転職かセカ就で迷った時にいくセミナー

グローバル人材という言葉があちこちで聞かれるようにはなってきていますが、
それに対応するべくTOEICなど英語資格の勉強をしても、
それが実際仕事をする上でどの程度役に立つのかということまで
具体的にイメージしている人はほとんどいません。

そもそも英語やその他の語学力を活かすことで、
何か他の人にはできないような自分らしい仕事ができるかどうか、
ということは全く未知数なのです。

語学力を生かす

そこで、自分の語学力をそのまま就職活動に活かせる
「セカ就」という方法が学生などの間で注目されています。

そもそも日本国内では「ブラック企業」という名称があるように、
たとえどこか企業に就職できたからといって、
そこで希望に近いような仕事ができるかというとそれもわからないのです。

せっかく希望に燃えて学生時代や就職をしたばかりの時期に
語学力や国際理解のための勉強をしていたのに、
来る日も来る日も仕事といえば深夜の時間帯にも及ぶような雑用ばかりとなると、
数年も持たずに心が折れてしまうことでしょう。

そんなときには、これから伸びる可能性を大いにもった、
海外の地域の企業への転職が一つの選択となります。

実際、新卒の学生や20代の社会人などの中には、
シンガポールやベトナムなど市場が伸び始めている国の企業へ就職し、
そこで新しい仕事を担当している人も多くいます。

それらの地域においては現地の採用だけでなく、
世界中から多くの人材が集まってきているので、
日本国内にいるときだけでは決して知ることができなかったような
広い視野での活動をすることもできます。

とはいえ、長年暮らしてきた日本を離れ単身で海外の企業に就職するとなると、
かなり不安も大きくなります。
まだ自分の適性もはっきりわからないのにそうした未知の世界に飛び込むのがよいのか、
それともやっぱり、安定的な企業に就職しておいた方がいいのか、
ということの判断にも迷っている人もいることでしょう。

そこで、上記のようなセカ就のためのセミナーに参加することで、
今現在起こっているセカ就の状況や、
そこで実際に働くということがどういうことなのか、
ということを知るきっかけになります。

海外においては日本人ということは大きな強みにもなります。
より広く就職場所を探せるようになるためにも、
このようなセミナーにはぜひ参加してみてください。