第二新卒・既卒・フリーター向けセミナー

20代向け就活セミナー

就職難の最中、惜しくも新卒で希望の職種に就職することが叶わず、
フリーターや非正規雇用者としてしばらく過ごしてしまっている人もいるでしょう。

また、新卒での就職活動に成功はしたものの、
実際に勤務をしてみたら自分の想像していた職種内容とかけ離れてしまっていたり、
職場の人間関係や劣悪な労働条件によって
退職を余儀なくされてしまったという人もいます。

ですが、そのような事情で20代という大切な時期の労働力が
発揮されずにいるのは社会的に大きな損失であると言えます。
そのような埋もれた若手人材を活かすべく、第二新卒やフリーター、
既卒者を対象とした20代向けの就活セミナーが開かれています。

東京では新宿エルタワーを会場に、
9月~10月にイベントが開かれることが決定しています。
就活イベントでは、直接企業の担当者がブースを構えているので、
興味のある人はそこで詳しい会社の話しなどを聞くことができます。

通常のハローワークなどを使った就職活動では、
実際に面接に行くまでその企業の内情や求められている人材の姿がよくわからず、
準備に手間をかけたわりにはミスマッチが起きてしまうこともよくあります。
就活イベントでは、求人をする企業側も実際にどんな20代が自分の企業に興味を持って、
どんな仕事を希望しているかどうかをつかむことができるので、
双方にとってメリットの大きなものです。

第二新卒者の場合、再就職をする手段としては他にも
後期「新卒枠」として用意される7~9月の募集を探すか、
もしくは中途採用者として欠員などが出た時に募集される求人に
応募するかいずれかの方法となります。

インターンの活用

最近は、せっかく厳しい新卒での就職活動をくぐり抜けたにも関わらず、
数ヶ月で辞めてしまう新卒者が多いことが企業にとっての大きな悩みとなっています。
ですが、社会人経験そのものがゼロであった新卒者にとって、
最初の就職先が必ずよいところであるとは言い切れません。

そこを見込んで、一度就職したものの退職となった人への再チャンスとして、
後期に新卒枠を設けている企業も多いというわけです。

また、第二新卒向けのインターンシップも多くの企業が開催しています。
研修をして実際に企業内で活動をしてみて、
そこでお互いの適性を判断するというインターンシップは、
外資系のみならず日本企業でも多く取り入れるようになってきました。

フリーターをしている人も参加できるインターンシップもあるので、
情報を集めてみてください。