就活塾に気をつけて

甘い話には注意

“就活塾”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

おそらく就職活動真っ只中の学生さんや、
一度就職をしたけれどももう一度、第二新卒として
別の就職先を見つけたいという人にとっては、
かなりよく耳にするワードではないかと思います。

就職や転職に関してのセミナーは、
基本的には善意で行なっているものがほとんどのはずですが、
中にはそうした困っている学生や転職希望者をターゲットにした
悪質なセミナー開催社もいるようです。

もともと詐欺的な商売というものは、
困っている人の心のスキマにつけ入るものですので、
就職活動や転職活動をするときには、
いつも以上に甘い話に乗らないよう注意をしていく必要があります。

参考:(東京都HP)
就活支援講座の受講契約を執拗に勧誘していた事業者に是正勧告

先日東京都で、大学生や就活合同セミナーの会場近くで
就活塾への悪質な勧誘行為があったとして勧告がされました。
勧告がされたのは「株式会社もとい」という企業で、
「就活対策講座」「人財育成講座」と銘打った講座を開いては
多額のセミナー費をまきあげていたということです。

悪質な手口

手口としては就活セミナーに参加をした学生などに対し、
アンケートがあるといった言い方で近づき、
そのあとで説明会や別のセミナーがあるといって
強引な勧誘を行うといった方法です。

説明会に訪れた学生に対しては今度は現在の就職状況の厳しさを
わざと不安を煽るような言い方で脅しをかけ、
そこで自社の有料就活講座の受講をせまるというものです。

同様の手口による勧誘は他にも行われているということで、
「決められない人に就職はできない」
「お金がないならアルバイトでもして払え」といったような
かなり脅迫的な言い方をすることが特徴となっています。

もし、就職セミナーや相談会に出たあとに
このようなアンケート調査をせまられたら、
どこの企業がどんな目的で行なっているかということを
きちんと確認しておくとともに、
必要以上にかかわらないようにするという対策も必要です。

アンケートと称して近づいたのに、
事後のセミナーや説明会への勧誘をされたとしたら、
それは不適正な取引行為として違法なやりかたとなっています。

誘われても行かないことはもちろんのこと、
あまりにもしつこいようなら警察に通報することも
考えておいた方がよいかもしれません。

とはいえ就活スクール自体はきちんとした指導をしてくれるところもあるので、
一概に悪と決めつけるわけにはいきません。

自分の適性や費用を考え、上手に利用していきましょう。