退職理由で大切なこと

面接では聞かれる可能性が高い

転職活動中の面接で聞かれる可能性が高いのが、なぜ前の職場を退職したのかとの質問です。
ある意味この質問は引っ掛け問題と言ってもおかしくないくらいに意地悪な質問かもしれません。
転職を志望している方にとっては前職の退職理由なんてデリケートな問題まで正直に伝えなければいけないのかと気分を害するかもしれませんが、決してあなたを不快にさせるつもりでこのような質問をしているわけではありません。
採用担当者がどのような意図で退職理由を尋ねているのか理由を考えてみると答えを出しやすいものです。

参考:面接で退職理由を聞かれたら

採用担当者が最も気にしている部分

正直なところ、採用担当者にとっては前職をどんな理由で退職に至ったのか詳しい経緯を知るつもりはないでしょう。
既に前職を辞めている事実は結果として残っているため、過去の事についてとやかく言う筋合いはないからです。
では、なぜ退職理由を聞いてくるのか考えてみてください。

悪い回答例として、前の職場で上司と折り合いが悪くて上手く仕事ができなくなったとの理由を正直に話してしまったとします。
正直に教えたのだから当然ながら評価は良いだろうと自信満々でいる方も存在していますが、この場合は決して良い回答例ではありません。

新しい職場に入っても、また新しい上司と折り合いが付かずにすぐ辞めてしまうのではないかと考えるからです。
些細な事でもすぐに文句を言って職場の雰囲気を壊すようなトラブルメーカーかもしれないと判断される場合もあります。
いずれにしても退職理由で前職の人間や仕事内容に対して不満を漏らすような回答は避けましょう。

退職理由を聞かれた際に望ましい回答として覚えておいていただきたいのが、前向きな考え方の退職なら全く問題ない点です。
例えば「前職では実現できない仕事内容のため思い切って退職を決意して新天地を求めていたところ、丁度こちらの会社では実現させてもらえる可能性が高いと信じて応募しました。」と回答すると、退職理由が前向きであったことと、新しい職場で活躍できる人材であることをアピールできます。

あくまでも退職理由の模範解答になりますが、人によって面接時に回答するべき内容が異なるものです。
難しく考えすぎると思うように回答が出てこない場合もあるため、面接時でよくある質疑応答を何度も繰り返して練習し、万が一練習ではなかった質問がされた場合も柔軟に回答できる準備を整えておくことが大切です。

退職理由に関わらず、採用担当者が求めている回答をあらかじめ先読みして回答できる頭の切り替えの良さが求められています。
瞬時に的確な判断ができる人ほど優秀な人材だと認められる傾向が強いことを覚えておきましょう。