履歴書・職務経歴書の書き方・ポイント

正しい書類の書き方を覚えよう

転職活動で絶対に必要になるのが履歴書です。
応募をする際には必ず履歴書を添えなければいけないのが一般的で、採用担当者は書類に記載された内容から「この人と会って話をしてみたい」と感じられたら面接のチャンスが巡ってきます。
つまり、書類で応募した段階で不合格となる可能性も十分あると考えてください。

履歴書以外にも職務経歴書も提出するように指示される場合もありますが、それぞれの違いがよくわからない方も多いです。
転職を成功させるためにも、正しい書類の書き方を覚えておきましょう。

参考:職務経歴書の書き方マニュアル完全版

履歴書と職務経歴書は違う

企業によっては履歴書以外にも職務経歴書を提出しなければいけない場合があります。
どちらも同じ内容の書類ではないかと考える方も多いですが、記載する中身に違いがあります。
履歴書はあなたがこれまで歩んできた人生や人間性を大まかに知るために必要な書類です。
職務経歴書はあなたがこれまでどのような仕事をしてきたのか知るための書類になります。

履歴書にも職歴を記載する欄が存在しているため、職務経歴書と重複するのではないかと考える方もいますが、職務経歴書ではより細かい内容に掘り下げて仕事内容を記載します。
例えば履歴書では前の職場名とともに入社した日と既に退職している場合は退職日を記載するだけです。
その前にも職歴がある場合は以前の職歴も記載します。

職務経歴書では会社名以外にも所属していた部署や細かい仕事内容を記載します。
役職があった方は役職もしっかり記載しなければいけません。
履歴書は基本的に書式が決まっていますが、職務経歴書は基本的には自分で書式を考えながら記載します。
できるだけ細かくこれまでの仕事内容を記載した方がより自分をアピールできるため、決められた書式にこだわり過ぎる必要はありません。

履歴書と職務経歴書のポイント

履歴書や職務経歴書で採用担当者が注目しているのは、あなたがどんな人生を歩んできた人物なのかを確認しています。
これまでにあまりにも頻繁に仕事が変わっていないか、今までしてきた仕事内容が希望している人材としてふさわしいか等を確認する場合が多いです。

まだ一度も会ったことがないあなたを書類だけで判断しなければいけないため、できるだけ詳しい内容が記載されていると「この人は素晴らしい人物なのではないか」と期待して、面接の約束をしてくれる可能性が高いです。
注意しなければいけないのが、自分を良く見せようとするあまりに嘘を記載するのはやめましょう。

実際に会って話をしてみるとあっという間にボロが出てしまうため、無理に自分を良く見せようとする必要はありません。
ありのままの自分を正直に記載して、職場が求めている人材であることを志望動機欄でしっかりとアピールしましょう。