面接で評価されるには

せっかくのチャンスを逃さないように!

書類選考をパスすると次の難関として待ち受けるのが面接です。
転職活動において最も苦手としている方が多いのは面接で、どうしても緊張してうまく話ができない場合や、プレッシャーを感じて普段の自分をさらけ出せなかったと悔しい思いをしている方も多いです。
面接は採用担当者に直接自分をアピールできる最大のチャンスです。
この時を逃してはもう二度と転職のチャンスは巡って来ないだろうという意気込みで、確実に採用を目指していきましょう!

参考:面接で評価される人の特徴

立ち居振る舞いに注意

面接の際には緊張のあまり、つい普段のクセが出てしまう場合が多いです。
特に注意しなければいけないのが言葉使いです。
語尾と伸ばす口調などの普段使っている話し言葉をつい口に出してしまい、慌てて訂正する方もいますし、全く気が付かない方もいます。

社会人として当然なのは、仕事の場できちんと丁寧な言葉使いをすることです。
基本中の基本すらできていないような方を採用しようを思う担当者はほとんどいません。
緊張しているのもわかりますが、ゆっくりと落ち着いて話をするように心がけていれば大丈夫です。
何気ない仕草も採用担当者はしっかり見ています。

話をする時にはきちんと相手の目を見て話をしているか、おかしなクセが目につかないかなど、そんな所まで見ているのかと思うほどの細かい点をしっかりチェックしています。
面接をする部屋に出入りする時にはお辞儀の仕方もきちんと確認されていますので、しっかり練習を重ねてください。

質問に対してきちんと答える

面接の際には様々な会話がされますが、限られた時間ないであなたのことを完全に知ってもらうことは不可能です。
短時間でも自分が会社にとっていかに必要な人材なのかを知ってもらうのが最大の目標になります。
どうしても焦りが生じて自分のことをアピールしてばかりの方も多いですが、質問に対して求めている答えよりも自分のアピールを優先して答えようとする方もいるので注意が必要です。

人の話を聞いているのか?と印象を悪くさせる可能性があるため、落ち着いて質問の内容をしっかり答えながら、その答えのフォローとして自分の事をさりげなくアピールするように心がけてください。

場合によっては面接で意地悪な質問をされる場合があります。
どちらかと言うとあまり触れて欲しくない「前の職場はどうして退職したのですか?」という質問もよくあります。
仮に人間関係があまり良くなかったことに不満を抱いて退職を決意していた場合は、正直に答えてしまうと評価は下がってしまいます。

この職場でも人間関係を理由にすぐ辞められるようでは困ると認識されるため、マイナスイメージの回答は避けてください。
新しい職場を求める事が自分のプラスになるからだと感じられる内容の答えならやる気を感じさせる人材だと高評価を得る可能性が高いです。