企業研究はし過ぎることはない

転職活動には必須

確実に転職を成功させるためには、理想的な職場が見つかったら確実に採用される努力が必要です。
何としてでもこの会社で仕事をしたいとの強い意思を感じ取れる方に対して悪い印象を抱く採用担当者はいません。
熱意を持って採用試験に臨むことが必要になりますが、面接試験の前には必ず企業研究を行なうようにしてください。

これから採用してもらおうとしている会社の中身を全く知らない状況で試験に臨むような方は全くやる気が感じられないものです。
企業研究は、し過ぎても損をすることはありませんので、実際にその会社で仕事をしている従業員よりも詳しく理解するくらいの意気込みで取り組むようにしてください。

参考:徹底した企業研究で採用決定

志望動機を明確にする

企業研究を実践する意味は、面接の際に必ず質問される志望動機をはっきり答えるためにも役立ちます。
あなたがこの会社を志望するに至った大きな理由は一体何なのかを冷静に考えてみると、何に魅力を感じたのかわかるはずです。

例えば前職ではあなたが得意としている分野の仕事は任されることがなかったものの、志望している職場では理想的な仕事内容が実現できると感じたと素直に伝えることも大切ですが、しっかり企業分析ができている方は具体的にどんな強みがあると感じたのかを伝え、十分理解していることをわかってもらえます。
採用担当者から「この人は当社のことをしっかり理解している」と太鼓判を押されるようなつもりで、確実に伝える練習を重ねてください。

企業研究のやり方

企業研究を行なう際には具体的な方法を実践してみましょう。
できるだけ細かく会社の内容を把握しなければいけないため、インターネットに公表されている情報を参考にしながらメモに書き留めるようにしてください。
中にはインターネットでホームページを公開していない会社も存在しています。
必要に応じて会社のパンフレットなどを取り寄せながら情報を確認しましょう。
特に把握しておきたいのは取り扱っている主力商品やサービス内容についてです。

商品の内容によっては他社にもライバル商品が存在している可能性もあるため、具体的にどんな強みがあるのかきちんと把握しておきましょう。
他社との違いをきちんと把握している場合は、面接の際にも「他社製品と比べるとこんなところが優っているためぜひ自分も仕事に関わりたいと思った」などと一言付け加えると良い印象を与えることができます。
ライバル会社が存在している場合は他社と比べて社風の違いはどうなのか、会社が求めている人材に合っているのかをしっかりと確認してみましょう。

志望している会社だけのことを一生懸命調べるのではなく、他の会社についてもきちんと話をしながら最終的にはぜひともこの会社で仕事をしたいとアピールできるようにしましょう。