転職する前に考えること

後悔しないためにも冷静に行動を

いよいよ本格的に転職活動を開始しようと考えている方は、もう一度冷静になって考え直してみることも大切です。
勢いで絶対に転職する!と息巻いても、いざ転職活動を開始してみると自分が考えていたような職場がなかなか見つからず、ようやく見つけた職場は前職よりも更に悪条件だったのにも関わらず選択肢がなかったので決めてしまったというケースが少なくありません。
一旦辞めてしまったものの、新しい転職先が見つからなかったため「やっぱり元サヤに戻らせてください」とは言えません。
転職を失敗ではなく、確実に成功したと言える結果を得るためにも、きちんと考えてから行動するようにしてください。

参考:その転職は必要ですか?転職活動をする前に必ずおさえるポイント

将来の自分をきちんと考える

勢いで今の職場を辞めてしまうのは簡単な話です。
現在の職場でも、とにかく辞めたいと息巻くような方を無理やり引き止めるような真似はしないでしょう。
一旦仕事を辞めてしまう以上は、転職先が決まるまでは無職の状態になります。
仮にあなたが男性で家庭があり、配偶者だけでなく子供も存在している場合は長い間無職の状態を続けるわけにはいきません。

きちんと定職に就かなければ一家の長として示しがつかない状況になります。
現在の職場を退職してから確実に働ける職場が既に決まっている場合は問題ありませんが、退職してからゆっくり職場探しをしようとしている方は考え方が甘いかもしれません。
ある程度は目星を付けておかなければ、いざ退職してから仕事探しをしようと思っても良い職場がすぐに見つかるとは限りません。

最悪の場合は、現在の職場よりも待遇が悪くなり、仕事内容も面倒で残業が毎日のように続くような職場しか見つからない可能性もあります。
事前に将来の自分をしっかりイメージしておき、近い将来に実現できる職場を探すのが最善だと考えられます。

なぜ転職を希望するのか理由をはっきりさせる

現在の職場に対して不満を抱く場合や、通勤に不便な場所に会社があるため毎日苦労しているなど、人によって転職を希望する理由はまちまちです。
果たしてその理由が転職を決意する理由として正当なのか自問自答してください。
何となく仕事に嫌気がさしたからという理由では次の会社に転職できたとしても、また同じように嫌気がさしただけで辞めてしまうかもしれません。

嫌な事がある度に逃げるように退職を繰り返していると、いつまでも転職するクセが身についてしまいます。
何度も転職を繰り返していると社会的な信用を得ることができなくなって、最終的には自分で自分の首を締める結果に繋がります。
転職を決意する確固たる理由がある場合は特に問題がありませんが、あまり意味のない転職は繰り返さないようにしてください。