円満退職のためにすること

最後まで気を抜いてはいけない!

転職を決意したのはいいものの、前の職場をどのタイミングで退職するべきか迷うものです。
もう辞めてしまうのを決意しているのだから、どんな辞め方をしたって構わないと考える方もいますが、社会人として絶対に許されない考え方です。
円満退職をするためには具体的にどのような準備をするべきか確認しておきましょう。

参考:退職を伝える前にも準備がある

退職を伝えるタイミング

一番迷うのがどのタイミングで退職の意思を伝えるべきかということです。
職場によって異なる場合がありますが、どんな職種であっても急に辞められると仕事ができない状況になって困るのは当然のことです。
あなたの代わりとして新しい方を採用する都合もあり、後任者へ仕事の引き継ぎも必要になる場合があります。
一般的には退職予定の1ヶ月前には上司に伝えるべきと言われていますが、本当に1ヶ月前でも間に合うか考えてみてください。

仮に自分が新しい職場に行った際に、前任者から仕事の引き継ぎを1週間程度で大まかにしか伝えられない状況できちんと仕事が勤まるかと考えてみると1ヶ月前では間に合わない場合が多いです。
職場によっては何ヶ月前に上司に申し出ることが社内のルールとして決められている場合も多いため、事前に確認しておきましょう。

退職の意思を伝えるのはあなたにとって直属の上司になる方になります。
仮にあなたが一般職だった場合は、いきなり社長や支店長に申し出るのではなく、部署内の係長や課長、部長などに伝えてください。
まずは直属の上司に相談する形で退職の意思を伝えると、その上司から更に上役へと話が伝わっていきます。
この時点で退職しないように引き止められる可能性もあるため、再考の余地があればもう一度考え直すことも必要です。

退職予定日まであと2週間程前になったら、きちんと退職願を用意して提出してください。
社内で決まった書式がある場合は用紙をもらっておき、特に書式が決められていない場合は一般的な書き方で構いません。
有給休暇を消化して後半はまとめてお休みする方も多いですが、それまでにはしっかりと引き継ぎを完了させておきましょう。
万が一の時に備えて仕事に必要と思われる内容を記載したメモやノートを残しておくと後任者も安心して仕事ができるはずです。

退職日を迎えたら

いよいよ退職日を迎えたら、社内の方にお世話になったと一言ずつ声をかけてお礼を伝えてください。
決してお世話になった覚えがないような方でもきちんとお礼を伝えるのが社会人としてのマナーです。
菓子折りなどを持参して挨拶をするのが一般的です。

仕事で使用していた備品等は会社のお金で購入した所有物になるため、私物以外はあなたが持ち帰ることがないようにしてください。
社会保険などの手続きもきちんと済ませ、円満退職を迎えてください。