建築・土木他ガテン系の転職セミナーの紹介

専門スキルを生かす

建築・土木系の求人に注目が集まってきています。

2011年の大震災以降、建物や道路などの耐震性が
全国的に見なおされるようになってきました。
倒壊した建物の普及はもとより、現在利用中の建物に関しても
耐震性を補強したり建て直しをしたりといったことが、全国規模で行われています。

今後ますます地震への心配が高まるにつれ、
土木系の仕事の重要度は高まっていくことでしょう。
現在、既に土木系の業務についている人も、
これから土木系の業務に携わりたいと思っている人も、
ここ数年以内は大きな転職・キャリアアップの
チャンスとなることは間違いがありません。

土木関連業界の中でも、設計や製図に携わる人材の場合には
特別な技術やスキルが必要となります。
しかし、専門学校や通信教育などでCADを学習したものの、
それを実際の転職活動にどう活かすべきであるかは
自分だけではなかなかうまく知ることができません。

そんなときに便利なのが、
CAD業界で就職をするためのセミナーに参加をしてみることです。

参考:CAD業界就職セミナー(ナガセキャリアセンター)

CADを学習したことのある人なら既にお分かりでしょうが、
ひとえにCADといってもその種類はさまざまで、
一つを習得すればどの業種の企業にいっても
即戦力として使えるというわけではありません。

特に、建築関連のジャンルを行うCADは
製造や電気関連の場合に比べて用途が特殊で、
習得には実務経験がどうしても必要となる部分が多くあります。

そんなとき、あらかじめCAD業界での動向について
セミナーで情報を集めておけば、現在のスキルに必要な知識を学習し、
有利な条件で建築・土木関連業界へ転職をすることができるようになります。

将来を見据えた転職活動

建築・土木関連の求人需要はその時期によって
地域差や技術差が大きく開いてしまいがちです。
そんなとき、時期に合わせた転職活動をすれば、
自分の希望をする企業によいタイミングで
就職ができるようになるというわけです。

CADの技術に関してのセミナーは多くの企業や専門学校で開かれていますが、
具体的に就職にどのようにCADを
生かしていくことができるかについてのセミナーは、
残念なことにあまり多く開かれているわけではありません。

セミナーに参加するときには、
自分のもっているスキルをきちんと洗い出すとともに、
将来的にどのような企業や仕事に携わりたいと思っているかまでを
きちんと把握できるようにしておけば、より的確に情報収集ができるでしょう。