Excel・Accessスキルを活かす事務・管理系の転職

現在のスキルを有効活用

事務・管理系での転職を考えている人の中には、
何か自分のスキルを活かした有利な転職方法はないかと
考えている方も多いと思います。

逆に、現在の職場からのステップアップのために
就業時間外の時間を使って自主的にスキルを磨いたり、
資格の取得を目指している人もいるでしょう。

ですが、せっかく身につけた技術や資格も、
それを上手に活かした転職活動ができなければ、
希望通りの転職がかなわないというようなこともあります。

そこでオススメをしたいのが、
現在既に身に着けているスキルを転職活動に有効に
活かすことができるための情報を集めるための
セミナーに参加するという方法です。

参考:Excel・Accessスキルを活かす個別相談会(DODA)

パソコンの基本操作は必須スキル

現在、事務・管理部門で働いているという人の中には、
マイクロソフトのオフィスソフトを
かなり高度に使いこなすことができる人も多くいます。

実際の求人情報などを見ても、必要なスキル・資格の欄に
「PCの基本操作」「オフィスソフト(Word、Excel)が使える」といった
条件がつけられていることもよくあります。

特に中途採用として事務・管理系の人材を採用したいと考えている企業にとっては、
パソコンの基本的操作は必須のスキルであり、
それにプラスアルファとしてWord、EXcelの操作を求めることも
当たり前になってきています。

しかしながら、それらアプリケーションスキルは資格などと違って、
すぐに確認がしにくいものであり、
アピールをする求職者側も自分の持っているスキルを
どうアピールしてよいかがよくわかりません。

どのアプリケーションを使ってどのような作業ができるかということを
表現できるかを適切に表現することができるかどうかは、
事務・管理系の転職活動においてはまさにキーポイントとも言えることです。

そこで、それらオフィスソフトのスキルを活かすためのセミナーを
あらかじめ受講しておくことで、履歴書や職務経歴書の記載事項で困らなくなります。

一概に「エクセルが使えます」と言っても、
それが単純に入力や基本的な関数が使える程度なのか、
それともマクロやVLOOKUP関数、ピボットテーブルやデータベースまでも
扱いが可能なレベルまでなのかはすぐにはわかりにくいことです。

求人側である企業から求められるレベルも場合によってまちまちなので、
転職活動時には事務・管理系の就職状況に詳しいエージェントに
相談をしてみるのもよい方法となります。