社内SEを目指す人のためのIT・エンジニア系セミナー

社内で活躍する

社内SEという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

社内SEという言葉が聞かれ始めたのは2006年頃からのことで、
それまでは外注として開発や保守管理を依頼してきた社内のシステムについて、
内部人材で行うようにしたいという企業側の希望から
必要とされるようになってきた業務です。

雇われSEとして社内で活躍するITエンジニアと言えばわかりやすいかと思います。
社内SEと対比されるのがSIer(システムインテグレーター)という職種で、
SIerは外部の人間として顧客から依頼されたシステムを構築し、
成果物として納品をするという対応をとります。

それまではITエンジニアの仕事として主流であったSIerですが、
実際にそれぞれの企業内の業務内容を完全に把握できない立場であることや、
営業社員が仲介役となることで案件の仕様がうまく伝わらず、
業務に無駄な部分が出てしまうということがしばしば問題視されてきました。

そのためSIerとして働く人の多くが過酷な就業環境におかれてしまい、
転職希望者が急増してしまいました。

そこで、それら優秀な人材の受け皿として登場するようになったのが、
社内SEというわけです。

メリットは多い

社内SEの場合には、一つのシステムの構築に一貫して雇われることができるため、
全体像が把握しやすく、万が一のトラブルのときにも
対応がしやすいというメリットがあります。

また、同じ会社で働く人達とともにシステムを作り上げていく業務を担うことから、
連携がとりやすくモチベーションが維持しやすいという点もあります。

企業側としても、最近社会問題化している個人情報の流出を防ぐという観点から、
外部のエンジニアに依頼をするのではなくできるだけ、
社内でシステムを完結させたいという意識が高まってきています。
社内SEは今後も増えることが予想される、
人気のIT系エンジニアの仕事と言えます。

しかし、具体的に社内SEになるには、
どうしたらよいかわからないというエンジニアも数多く見られます。
企業の人事担当者にしても、
専門的な技術スキルまでを把握できるわけではないので、
どのようにして採用する社内SEとマッチングをすればよいかが、
わかりにくいという問題点があります。

そこで、社内SEとなるためにはどのような手順を踏み、
どのようなアピール方法をとるのがよいかについて
教えてくれるセミナーに参加をすることで、
それらの問題点を解決することができます。

参考:社内SEを目指す人のための転職相談会