エンジニア適職フェア

幅広いジャンル

エンジニアの職種は非常に広いので、
プログラミングの専門学校や工科大学を出た人でも、
自分がどんなジャンルで活躍ができるかという選択にはかなり迷ってしまいます。

そんなときは、まずエンジニアとしてどんな仕事があり、
どこで人材を多く求めているかを知ることができる、
ITエンジニアだけの就職セミナーに参加をしてみるのがおすすめです。

転職情報サイトの@typeでは、職を求めるエンジニアたちのために、
現在どんな企業からエンジニア人材を求めているかを一同に集めた
「エンジニア適職フェア」が開かれています。

参考:「@type エンジニア適職フェア」

エンジニア適職フェアは@typeが主催として定期的に開かれており、
有楽町の東京国際フォーラムの地下展示ホームで開催されます。
来場者にはQUOカードのプレゼントもあるので、
事前登録をしつつ参加をしてみるとよいでしょう。

エンジニア適職フェアで主に求められているのは、
「ITエンジニア&モノづくりエンジニア」で、
転職サイトの@typeがそれまで情報を集めてきた中でも
優良企業を集めて紹介してくれています。

転職スカウトサービスや企業マッチングコーナーもあるので、
まだ転職活動についてどうしたらよいかわからないという人も
安心して相談に乗ってもらえます。

スカウトサービス

匿名スカウトサービスは、最近では多くの転職情報サイトなどで
取り入れられてきていることですが、
事前登録時に各エンジニアが自分の経歴や得意分野などを詳しく書き込んでおき、
その情報を見た企業側が転職を打診するという方法です。

それまでの転職活動というと、転職希望者の方がたくさんの企業の情報を見て
そこから絞込みや書類送付をするのが一般的でしたが、
この匿名スカウトであれば転職希望者は待っているだけで
自分のスキルを必要としてくれる企業からの連絡をうけることができます。

エンジニア職においては、特にそれまでの経験や得意とする
プログラミングの分野が重要な転職のためのポイントとなっているので、
そのミスマッチを防ぎ時間の無駄をなくすことができる便利なサービスです。

企業マッチングでは、転職を希望しているエンジニアが
就職エージェントさんと話をすることで、
自分の現在のスキルや将来への希望から現在出展している企業のうち、
どこがおすすめとなるかを案内してくれるサービスです。

転職に関しての不安や疑問にも回答してもらえるので、ぜひ利用してみてください。